生化学自動分析装置 富士ドライケム7000V

ドライケミストリー、ひろがる医療の未来へ。

dc7000v
会員の方は、ログインしていただくことにより、価格・その他一部情報をご覧になる事が出来ます。ストアからの購入は会員様のみ可能です。

新規会員登録がまだの方はお手数ですが 先に会員登録をお願いいたします。

ログインせずに商品について問い合わせされたい方は、 ページ下の「お問い合わせはこちら」よりお願いします。

お届けするのは、大きな安心。

それは、日々の検査にも。これからのクリニック環境にも。

おはなしできないから、その場ですぐに分かってあげたい。
そんな想いは、ドクターも飼い主さんも同じではないでしょうか?

「ドライケムZ」は、スピーディな即時検査で、不安な時間を最小限に。ドクターと飼い主さんの想いをつなげます。

また、スタートキーを押すだけの簡単操作で即時測定が可能。
5検体同時測定も行えるので、多忙なときでも効率的で安定したワークフローを実現します。

さらに、検査データ処理支援システムとの相互連携により、これからの医療ネットワークに対応した快適なクリニック環境の構築をサポートします。

こころをつなぐ。未来につながる。ドライケムZ

「いつでも、すぐに」の即時検査を、3ステップの簡単操作で。

5検体同時にセットできるなど、スピーディで効率的な検査環境を実現します。

簡単&シンプルな操作性

スタートキーを押した後は、測定データのプリントアウトまでを完全自動化。
スライド裏面の項目コードにより項目、ロット番号を自動識別するので、事前の項目設定も不要です。

割り込み測定も可

測定中でも「緊急」キーを押し、緊急検体をセット。登録操作後「スタート」キーを押すだけで、緊急割り込み測定が行えます。

※FDC7000V特有の機能です。

待ち時間を表示

測定中の検体の終了時間をモニターに表示。測定結果がプリントアウトされるまでのイライラが解消されます。

補正も簡単。QCカードシステム
面倒なロットごとのキャリブレーションをQCカードを読みこませるだけで簡単に補正できます。
QC情報は6ロットまで記憶し、スライドのロット識別を自動的に行います。
さらに万が一、QCカードを読みこませていないスライドを使用した場合には、カード情報が読み込まれていないことをプリントアウトでお知らせします。

スピーディー&コンパクト

測定方法が異なる比色22項目/電解質3項目の検査を、スピーディーに測定します。
比色、電解質の混合処理で、190テスト/時※の高速処理を達成。
さらに、設置場所を選ばない省スペース性を実現しています。

※190テスト/時の高速処理は7000V SERIESの機能です。

5検体同時にセット可能
FDC7000Vシリーズは、5検体まで同時にセットでき検体供給も自動化。スタートキーを押した後は、その場を離れ他の検査・診療も可能なため、作業時間の短縮、効率化に大きく貢献します。
!チップ・カップを事前にセットでき測定の度にセットする手間が省けます。
自動希釈機能可能
分注・混和など、手作業で手間のかかる希釈作業を自動化。操作は、希釈倍率をキー入力するだけです。
電解質測定機能

比色項目と電解質項目(Na-K-Cl)が同時に測定可能。

小さな動物にやさしい微量検体量検査

完全ドライな「多層フィルム式スライド」により、比色でわずか10μL/テスト。
微量検体はピペット操作で測定ができます。

10μL/テスト

※電解質(Na-K-Cl)は3項目同時測定で50μLです。

※FDC7000V特有の機能です。

リスクを最小限に抑えるセーフティ機能

バイオハザードのリスクを軽減
使用済みのスライド・チップは廃却ボックスへ自動落下。検体との接触リスク軽減に細心の注意を払いました。

写真フィルムで培った独自技術を応用。高精度・高安定性を実現する「富士ドライケムスライド」

検査項目によってご使用いただける2種類のスライド

比色法スライド(酸素・一般化学)

1回の反応に必要なドライ状態の試薬、各種機能性部材で構成。
検体中の酵素類や一般化学成分を比色法で定量する多層フィルム式スライドです。
●多層分析フィルムの構成

電極法スライド(電解質)

1枚のスライドにNa-K-Clそれぞれのイオン選択フィルム電極を内蔵。
検体中の電解質を電極法によって定量するスライドです。
●多層フィルム電極の構成

オプション

検査データを自動集計・一元管理。オーダリングも可能な検査データ処理支援システム。


【重要】 富士ドライケムスライドは、ヒト用に開発されたものであり、動物種によって測定結果が異なる場合があります。詳細につきましては、弊社担当までご相談いただくようお願い致します。

主な仕様(FDC7000V)
測定項目 比色22項目 電解質3項目
処理能力 比色180テスト/時※1 電解質90テスト/時※2 混合190テスト/時
インキュベータ数 比色13 電解質1
架設検体数 5検体
測定時間 比色2~6分/テスト・電解質1分/テスト
検体種類 血漿・血清・全面(電解質Na-K-Clのみ)
検体量 比色10μL/テスト・電解質50μL/3項目
データ転送 RS-232Cシリアルインターフェイス
プリンター 内蔵(感熱方式)
電源 AC100V±10V 50/60Hz 3A
本体外形寸法 W540×D420×H450(mm)
本体重量 約40Kg

※1酵素項目スライドのみを測定した場合の最高処理能力/時
※2電解質スライドのみを自動点着で測定した場合の最高処理能力/時

添付付属品
●スライドカートリッジ ●ランプ ●プリント用紙 ●ペーパー軸 ●ヒューズ ●電源ケーブル ●10μLピペット
多種類の検体容器に専用ラックで対応(使用できる検体容器)

①φ16×100mmの採血管 ②φ13×100mmの採血管 ③φ13×75mmの採血管
④富士チューブ1.5mL ⑤富士チューブ0.5mL ⑥サンプルカップ2mL

オプション