動物用多項目自動血球計数装置 pocH-100iV Diff

poch-100iV
会員の方は、ログインしていただくことにより、価格・その他一部情報をご覧になる事が出来ます。ストアからの購入は会員様のみ可能です。

新規会員登録がまだの方はお手数ですが 先に会員登録をお願いいたします。

ログインせずに商品について問い合わせされたい方は、 ページ下の「お問い合わせはこちら」よりお願いします。

優れた解析性能

数値データとあわせて表示される粒度分布図(WBC、RBC、PLT)により、各血球の分布状況が一目で分かります。
また、粒度分布異常フラッグ機能により、血球の分布異常や凝集などの発見を支援。充実した機能で検査をサポートします。
※WBCは、リンパ球、好中球/単球、好酸球の3画面。

正確さを追求した測定方式

電 気抵抗方式の正確な血球計数には、血球がアパーチャーの中心部を流れることが重要になります。シースフロー方式は、シース液により流れを形成して、血球を 通すことで血球が常にアパーチャーの中心部を通り、異常パルスの発生を防ぎます。大型装置と同じシースフローの採用は、血球数の多い動物血での精度向上に 大きく寄与します。

仕様

対象動物種 イヌ、ネコ、ウシ
測定時間 約125秒(結果表示まで)
所要検体量 全血 約15μL
記憶機能 測定データ:20検体(粒度分布図と精度管理データを含む)
表示方式 カラーLCD画面
印字機能 サーマルプリンター
外部出力機能 RS-232C、LAN

諸元

寸法 幅185×高さ350×奥行き460mm
重量 約14kg
電源 AC100V~240V(50/60Hz)
消費電力 約150VA以下