小動物専用X線診断装置 VPX-500A

vpx5001a
会員の方は、ログインしていただくことにより、価格・その他一部情報をご覧になる事が出来ます。ストアからの購入は会員様のみ可能です。

新規会員登録がまだの方はお手数ですが 先に会員登録をお願いいたします。

ログインせずに商品について問い合わせされたい方は、 ページ下の「お問い合わせはこちら」よりお願いします。

小さく置いて、大きく撮る。

言葉を発することができないペットたち。
その健康をやさしく見守るために、X線診断装置が、パワフルに進化を遂げました。
コンパクトボディに、驚きのハイパワーを秘めたVPX-500A。
小型犬から大型犬まで多彩なニーズに柔軟に応え、診断に役立つ鮮明画像を提供します。
東芝ならではのイージーオペレーションを継承するなど、操作性にも一段の配慮を込めたVPX-500A。
凝縮のハイパワーを最大限に活用することが可能です。


クラスを超えた大容量X線管を搭載

大型犬も余裕でカバーする、最大出力125kV250mAの大容量X線管球を搭載。上位機種VPX-200に匹敵する協力なパワーで、短時間撮影のニーズにもゆとりで応えます。


斜位撮影にも対応可能な、首振り機構

左右±30°の垂直回転機構を搭載しています。斜入方向からの開口腹背鼻腔撮影や咬合腹背切歯骨撮影など、斜位撮影のセッティングも容易に行えます。

2方向のスライド天板で、広範囲な撮影が可能

250×600mmのワイドな天板を、長手方向にそれぞれ±200mmずつスライドさせることができます。これにより、動物を動かすことなく容易に広範囲の撮影が可能です。体重70kgの大型犬でも、余裕をもって対応します。

シンプル操作の、らくらく条件設定パネル

東芝独自のイージーオペレーションを継承しました。撮影条件の設定は、操作パネルの<動物の種類><部位><体重><撮影方向>キーを押すだけで簡単に行えます。また、撮影条件を変更したい場合も、マニュアル操作で簡単に行えます。。

X線管球部を大幅にコンパクト

X線管球部をモノタンク(一体式)にすることで、撮影装置のコンパクトに成功しています。しかも、管球、スターター、発生器の一体化によって高圧ケーブルが不要となり、環境負荷の低減にも貢献します。

省スペース設計&やさしいデザイン

VPX-80Aのデザインコンセプトを継承した、コンパクトボディの省スペース設計としています。また、ピンクを基調にしたデザインは、動物病院にふさわしいやさしさを演出します。

大型犬の一枚撮りや、分割撮影にも対応

大角サイズまでのカセッテに対応しており、大型犬の胸部や腹部、妊娠の一枚撮りが可能です。また、カセッテトレイ上で大角、および、大四切判サイズの分割撮影も行えます。

SPECIFICATION

 
定格 撮影管電圧 40~125kV(2kV/ステップ)
撮影管電流 250mA(kV、mAs値より最大許容管電流を自動設定)
撮影mAs 0.4~10.0mAs(15ステップ)
撮影時間 0.005~0.04sec(最小分解能0.001sec)
電源入力 単相 100V 1.1kVA 50-60Hz
接地工事 D種接地工事
X線発生器 首振り 左右30°
一体型X線管発生装置 実効焦点サイズ 1.3mm
(東芝E7846) 陽極熱容量 110kHU
X線可動絞り装置 最大照射野 35×35cm(SID65cmのとき)以下
最小照射野 5×5cm(SID100cmのとき)以下
X線管保持装置 構造 制御ユニット
X線撮影台 天板寸法 1250×600mm
高さ 810mm(床面から天板面)
天板長手ストローク 左右200mm
天板ロック方式 オフロック電磁式
カセッテトレイ 引き出し式カセッテトレイ1枚パーク
使用カセッテ (最大)大角~(最小)六切
分割撮影 大角/大四切2分割
グリット 大角(CFRP14×14、6:1 34本/cm、100cm)内蔵
フットスイッチ 2段式  
オプション 低吸収形カセッテ 大四切・・・・1枚
東芝オルソ増感紙(TO-330) 大四切・・・・1組
ハンドスイッチ 2段式押しボタンスイッチ(デッドマン方式)

●改良のため仕様・外観の一部を変更することがありますので、あらかじめご了承ください。
●システムの安定稼動のために、年間の定期点検、保守契約をお勧めします。
●写真はイメージと異なることがあります。

DIMENTIONS