エンドテスト

rusch
会員の方は、ログインしていただくことにより、価格・その他一部情報をご覧になる事が出来ます。ストアからの購入は会員様のみ可能です。

新規会員登録がまだの方はお手数ですが 先に会員登録をお願いいたします。

ログインせずに商品について問い合わせされたい方は、 ページ下の「お問い合わせはこちら」よりお願いします。

●カフ圧を適正にモニターするためのカフ圧計で、片手でカフ圧の調整が出来ます。
又、術中の笑気ガスによるカフ圧の上昇をモニターできます。(0~120cm H2O)
●小型、軽量でフック付きなので、手術台、麻酔台などに掛けられます。

性能、使用目的・効能又は効果

本品は気管内チューブ、気管切開チューブ等のカフを送脱気する際に使用する。
また留置中のカフ圧を観察するために使用する。
使用目的以外には使用しないこと。

操作方法又は使用方法等

1.ルアーコネクター部分を気管内チューブ、気管切開チューブ等のバルブに接続する。

2.圧が100cmH2Oに達するまで空気ポンプを押し続け、カフを膨らませる。
  カフが膨らみ、気管粘膜に均一に広がります。この間、赤いスイッチは上にあげておくこと。

3.人差し指でゆっくりと赤いスイッチを下へ押し下げてカフ圧を調節する。
  (カフ圧は25cmH2Oを推奨。膨らんだカフが確実に気管をシールできる最低カフ圧である。)

4.気管粘膜の損傷を避けるために、カフ圧は長時間にわたって気管粘膜の毛細血管還流圧
  (最大30cmH2O)を超えないようにすること。

5.スイッチを離すと針は到達したカフ圧力レベルで止まる。

使用上の注意

1.赤いスイッチを真下に押すとカフ圧は0cmH2Oまで落ち込む。
2.本品は精密機械ですので、目盛に狂いを招くような過度の膨張(120cmH2O)は絶対にしないこと。

形状・構造等

保守・点検に係わる事項

1.イソプロピルアルコールと水の混合液を使用し、柔らかいティッシュペーパーか布で拭くこと。
2.液体が器具やルアーコネクターの内部に入らないよう注意すること。
3.決して水には浸さないこと。